淪落に就て

     二 淪落に就て

 日本人は小役人根性が旺盛で、官僚的な権力を持たせると忽《たちま》ち威張り返ってやりきれぬ。というのは近頃八百屋だの魚屋で経験ずみのことで、万人等しく認めるところだけれども、八百屋や魚屋に縁のない僕も、別のところで甚だ之を痛感している。 電車の中へ子供づれの親父やおふく...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 09:48 am  

青春とは何ぞや?

 七十になっても、なお青春であるかも知れぬ。そのくせ老衰を嘆いて幽霊になるほどの実のある生活もしたことがない。そのような僕にとっては、青春というものが決して美しいものでもなく、又、特別なものでもない。然らば、青春とは何ぞや? 青春とは、ただ僕を生かす力、諸々の愚かな然し僕の生命の燃焼を常に多少ずつ支...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 09:47 am  

僕の毎日の生活など

 このような女の人に比べると、僕の毎日の生活などはまるで中味がカラッポだと言っていいほど一時間一時間が実感に乏しく、且、だらしがない。てんでいのちが籠《こも》っておらぬ。一本の髪の毛は愚かなこと、一本の指一本の腕がなくなっても、その不便に就ての実感や、外見を怖れる見栄に就ての実感などはあるにしても、...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 09:46 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0109 sec.

http://bansearch.com/